日本のギャンブル事情

日本国政府の方針、法律環境、カジノやギャンブルが与える社会的な影響

現在での日本の法律上リアルで行うカジノは禁止されています。しかし、これからはカジノ法案に伴いカジノを統合型リゾートにおいて行うことが認められます。IRの建設によって得られる利益は、他施設へ還元され、市民の生活も豊かになることが期待されています。

オンライン上でのカジノは若干グレーな場合があります。何故ならオンラインカジノは、日本の法律に反する可能性があるからです。ただしオンラインカジノを利用したからといって捕まったケースは少なく、逮捕者はほぼいません。たとえ逮捕されてしまったなんてことになっても不起訴になることのほうが多く、悪くて罰金刑になるケースが多いのです。

パチンコや競馬、宝くじもギャンブルですが、カジノのようにグレーゾーンなギャンブルではありません。これは国も容認しています。特に競馬や宝くじは国営で行っているので、よくテレビや新聞でも取り上げられることの多いのも特徴です。パチンコは、最近は1円から遊ぶこともできるので、資金が少ない場合でも気軽に遊ぶことが出来ます。しかし昨今では、昔よりも大当たりの頻度が少なくなっているとのことです。その背景には、出玉の規制が挙げられます。出玉の規制が厳しくなってきたので、より収支をプラスにすることが難しくなっています。宝くじにおいても一等の額が年々大きくなっている一方で外れる確率も増えています。あるシミュレーションでは、実際にくじを購入してどれくらいの確率で一等が当たるのかというデータもありますが、低い当選確率もあいまって、消費をなるべく少なくしたい消費者事情からしたら年々購入者が少なくなるのは当然だと思われます。

ギャンブル全般に言えることですが、依存症における懸念が払しょくできる対策は、永遠の課題となっています。これからの日本は東京オリンピックにおいて多くの外国人が来日する予定になっているので、その機会に便乗してカジノIRという統合型リゾートを建設し、たくさんの外国人をターゲットに新たなビジネスを生み出そうとしているのです。